入院・お見舞いのご案内

About Hospitalization 入院について

対象疾患

対象疾患は以下の通りです。

対象となる疾患 入院期間
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎 、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後 若しくは手術後の状態または義肢装着訓練を要する状態 150日以内
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷及び頭部外傷を含む 多部位外傷の状態 180日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節若しくは膝関節の骨折又は2肢以上の多発骨折の発 症後又は手術後の状態 90日以内
外科的手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又 は発症後の状態 90日以内
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 60日以内
股関節又は膝関節の置換術後の状態 90日以内

※入院期間は患者さまの状態により異なります。

入院までの流れ

入院までの流れをご紹介します。

1

入院相談/入院前面談

地域連携部が窓口になります。
現在ご入院中の病院より、診療情報提供書(紹介状)、お身体の状態がわかる書類(看護サマリー、血液検査のデータ)などの情報をいただきます。その後、当院の医師を中心に入院判定会議を行い、紹介元との調整を行います。
【相談受付時間】
9:00 ~ 17:00(月曜日 ~ 金曜日・祝日は除く)

2

入院

転院の搬送は当院より手配します。入院当日は医師よりご説明しますので、ご家族が当院にお越しください。

3

リハビリテーション

入院当日より、リハビリテーションを開始します。理学療法士・作業療法士・言語聴覚士がそれぞれ専門的なリハビリを提供します。
※毎日2時間以上、土日祝も実施(1日最大3時間)

4

カンファレンス インフォームドコンセント

多くの職種でチームを組み、患者さまの状態の確認や退院後の生活について、毎月話合います。
また、患者さまの状態や治療方針をご説明し、患者さまのご家族の希望をききながら、治療を進めます。

5

退院準備/退院

退院先については、社会福祉士が中心となって、支援します。ご自宅へ戻る場合は、必要に応じ、専門のスタッフが家屋評価のためご自宅へ伺い、住宅改修や福祉用具などのご提案をします。病院や施設へ転院する場合は、状態に応じた医療機関や介護施設・福祉施設をご紹介します。

地域連携部が窓口です

私たち地域連携部は、福祉系の国家資格である「社会福祉士」の資格を有するスタッフで構成された部署です。 地域連携部の役割は、大きく分けて「入院相談」「入院中及び退院までの過程で生じる不安や疑問、問題に対しての相談支援(退院支援)」と「病床管理」の3つがあります。

入院費について

下記ボタンから入院費のシミュレーションをすることができます。

入院費のお支払い

入院の費用は、原則として毎月月末締めの10日前後で請求させていただきます。
なお、請求が困難な場合には、後日請求書(納入通知書)を郵送させていただく場合があります。
お支払いは原則2階受付横の自動精算機でお支払いください。
※振込でのお支払いをご希望の方は病棟スタッフにお問い合わせください。

各種資料ダウンロード

About visit お見舞いについて

患者さまの診療および静養の妨げにならないよう、下記の通り面会時間を定めさせていただいております。
ご理解・ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

面会時間

9:00 ~ 20:00となっております。

お見舞いされる方へのお願い

  • 他の患者さまのご迷惑とならないよう、大勢でのご面会はできるだけご遠慮ください。
  • 患者さまの病状によっては面会を一時的にお断りする場合がございます。ご了承ください。
  • 感染防止のため、以下の状況に該当する方は面会をご遠慮ください。
    • 風邪を引いている方
    • 体調の悪い方
    • おたふく風邪やインフルエンザなどに感染している方に接触された方
    • 感染症流行の際には、面会の制限を設けることがあります。

お見舞いメール便

心のこもったお手紙を贈りませんか。
入院中のおじいちゃん、おばあちゃんへ、メッセージやご家族の近況報告を贈れるサービスです。
送料無料で写真も一緒に送れ、7種類の台紙から選べます。