ソーシャルメディア運用指針

Guideline ソーシャルメディア利用に関するガイドライン

Facebook、Twitterやブログなどのソーシャルメディアが普及したことに伴い、近年、その不適切な利用により大きな問題に発展するケースが散見します。
このような状況を踏まえ、当法人ではソーシャルメディアを有効な情報交換ツールと捉え、正しく活用するための運用方針として、当法人関係者のソーシャルメディア利用にあたり『ソーシャルメディア利用に関するガイドライン』(以下、本ガイドラインという。)を制定しました。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、LINE、Facebook、Twitter、ブログ、Instagram、匿名掲示板サイト、YouTubeなどの動画共有サイト、ロコミサイト等の利用者自身が情報発信をすることができるメディア全般を指します。

適用範囲

本ガイドラインは、所属する組織や雇用形態に関わらず、当法人の業務に従事する全ての人に対して適用されるものです。

ソーシャルメディア利用に関する基本原則

  • 医療従事者としての職業倫理観を常に持ち、職場を離れても高い倫理観を維持して生活します。
  • 当法人に勤務する職員としての服務規律や情報管理規程等を順守します。
  • 肖像権、プライバシー権、著作権等に関して十分留意します。特に、患者さまやその家族、取引先等を特定または推測できるような内容は投稿しません。
  • 発信する情報は誤解を招かないように正確に記述すると同時に、その内容について誤解を生じないよう留意します。
  • 守秘義務を順守し、当法人に対して(当法人に勤務する全ての職員や患者さま等を含む)の批判的な投稿は、匿名であったとしても行ないません。
  • 当法人または当法人関係者に批判的な書き込み等を発見した場合には、拡散することなく速やかに事務部長に報告をします。

ソーシャルメディアユーザーのみなさまへ

当法人の職員ならびに当法人の業務に従事する全ての者がソーシャルメディアで発信する情報は、必ずしも全てが当法人の公式発表・見解を示すものではありません。
当法人の公式発表・見解については、公式ホームページをご覧ください。
当法人のアカウントに対して、以下の行為はご遠慮ください。ユーザーの行為が以下のいずれかに該当する場合、コメントを削除させていただく場合はあります。

  • 本人の承諾なく個人情報を特定、開示、漏洩するもの。
  • 当法人または第三者の名誉、信用を傷つけたり、誹謗中傷するもの。
  • 当法人または第三者の著作権、肖像権、知的財産権を侵害するもの。
  • 法令や公序良俗に反するもの。
  • その他、当法人が合理的理由により不適切と判断するもの。

策定:2020年4月14日 法人事務局
※本ガイドラインは予告なく変更される場合があります。